visiontitle

私たちにしかできないアイデアや
新しいサービスをご提供していきたい

一般・産業廃棄物や下水の処理施設に代表される環境プラント。この環境時代の現代において、非常に公益性の高い事業であるにも関わらず、この業界を取り巻く環境は、慢性的な人材不足や高齢化に悩まされています。そのためプラントの運営会社からは「有能な人材がいない」と嘆く声も少なくありませんでした。この状況を何とかしたい。お困りごとを解決したい。株式会社トリオは、そんな想いを胸に設立しました。

創業から20年以上。その間、私たちが取り組んできたことは、ただ愚直にお客さまからのニーズにお応えしつづけてきたことに尽きます。それは、多岐にわたるニーズに対し、適した人材をスピーディーにご提供すること。さらに技術力とコミュニケーション能力に優れた人材はもちろん、若く、元気のある人材をご紹介することで、派遣先の職場環境まで改善するような付加価値も強みと言えます。このような活動を続けていくことで、お客さまからの信頼が高まると同時にスタッフの数も増加。さらに細かなニーズにまでご対応できるようになりました。

株式会社トリオはいま“第2の創業期”とも言えるターニングポイントを迎えています。多くのお客さまからの信頼を獲得し、スタッフも充実してきた現在、さらなる高みをめざして飛躍したいと考えています。環境整備事業を取り巻く情勢は日々変化していますが、その変化に柔軟に対応しつつ、私たちにしかできないアイデアやサービスをご提供していきたい。そしてお客さまと社会に対し、さらなる豊かさと安心をお届けできるよう努力してまいります。

代表取締役社長 中田正樹

KENJA GLOBAL(賢者グローバル) 株式会社トリオ 中田正樹